ブログをはじめよう 未分類 wordpressの構築に必要なステップまとめ

wordpressの構築に必要なステップまとめ

wordpressは、世界中で利用されているホームページのコンテンツを簡単に管理できるソフトウェアです。
便利なCMSとして日本でも多くの人や企業が使っています。
無料で使える便利なソフトウェアですが、初心者の中には構築について悩む人も多いです。
wordpressの構築には、複数の方法があります。
一般的な方法だと、まず有料のレンタルサーバーを借ります。
サーバーはインターネット上の土地にあたるもので、データを保存する重要な場所です。
レンタルサーバーを提供している会社は数多く存在し、プランや価格も会社によって異なります。
サーバーには大切なデータを保存するため、サポートとサービスの内容が良い信頼できる会社を選ぶことが大事です。
ディスクの容量やアクセスの上限数、転送量などもチェックして自分のサイトに合ったサーバーを選びます。
サーバーを選んだら、次はドメインを取得します。ドメインを取得することでサイトを開設することができます。
ドメインは独自ドメインを使います。
ドメインはインターネット上の住所になります。
サーバーを契約した会社でドメインを取得する人も多いです。同じ会社だと管理や設定がスムーズにできるというメリットがあります。
サーバーとドメインを選んだら、お互いの情報を入力します。サーバー側にはドメインの情報を入力し、ドメインの側にはサーバーの情報を入力しておきます。
設定の時に必要になるので、メールアドレスも用意します。
サーバーを取得したら本体をインストールし、公式サイトからソフトウェアをダウンロードしてインストールしておきます。最新版のwordpressをダウンロードしたら、次に解凍したファイルをFTPソフトを利用してサーバーにアップロードします。
サーバーの管理画面でインストール用のデータベースを作ります。
データベースを作ったら、データベースに必要な情報を入力してサーバーにアップロードします。
インストーラーが起動したら、メールアドレスなど必要な情報を入力すればインストールは終了です。
次にwordpressのデザインやテーマを決めます。
デザインやテーマは自分のサイトのイメージを左右するので慎重に選びます。
細かい設定は後からでも変更することが可能なので、最初は全体的なテーマを決めてテーマに沿ったテンプレートを選びます。
テンプレートは無料のテンプレートと有料のテンプレートがあります。
初心者の場合は、最初は無料のテンプレートでも十分です。
テーマの設定が終わったら、プラグインの設定やコンテンツの作成を行います。
wordpressは機能性も拡張性も優れているCMSで、SEOとも相性が良いことで知られています。
サイトの構築が完了したら、Webマスターツールのアカウントを取得します。
Webマスターツールは、検索エンジンの登録状況などのレポートを閲覧できる便利なツールです。
無料アクセス解析ツールも導入しておきます。
自分のサイトを作りSEO対策を行う場合、ユーザーがサイトを訪れたときの検索ワードや検索エンジンに表示された回数などの解析が必要になります。
サイトの表示速度も大切なので、表示速度が遅くないか確認をしておきます。
最近はスマートフォンを使う人が多く、サイトへの訪問もスマートフォンからの流入が多くなっています。
テーマを選ぶ時は、スマートフォンに対応したものを選ぶことが大切です。
SEO対策ではプラグインの活用が重要に鳴ります。
ソーシャルメディアの共有ボタンも忘れずに設置しておきます。
サイトの管理者の多くがソーシャルメディアを利用しています。ソーシャルメディアで話題になることは、ナチュラルリンクを獲得するのに役立ちます。

Related Post